info@galleryhashimoto.jp
川端健太郎 KAWABATA Kentarou クロニエ

2009年11月に開催された国立近代美術館・工芸館「現代工芸への視点—装飾の力」での展示が記憶に新しい川端健太郎。
その作品は装飾多く、妖気的、有機的でありながらも凛とした強い美しさでわれわれに迫ります。
工芸画廊で器作品の発表を中心に行ってきた川端が、本展では1.5m近い大型の作品(オブジェ)を核とし、
白い壁面と大きな窓のギャラリースペースを様々な作品で埋め尽くします。是非ご高覧ください。

<川端健太郎>
1976年生まれ。パラミタ陶芸大賞、益子陶芸展加守田章二賞受賞。